歌川穣太郎 Utagawa Jotaro

盆景画とは、盆栽と風景をミックスし絵画として表現されたものです。

江戸時代、浮世絵師 歌川国芳の門人 歌川芳重によって描かれた「東海道五十三駅鉢山図会」は盆景画として代表的な作品の1つになります。

「都市世界鉢山図絵」は、もし現代に浮世絵師歌川一派が生きていたら盆景をどのように表現するのだろうかと想像し生まれました。私、歌川穣太郎が表現する盆景画 世界都市鉢山図絵をどうぞお楽しみください。

※ アーティスト名歌川穣太郎は屋号であり歌川一派へ尊敬の念を込めて名付けており襲名とは無関係です。

※ 企業からのリクエストも受け付けています。お気軽にご連絡ください。